特集カテゴリ一覧

人気記事

採用されやすい履歴書の書き方 採用されやすい履歴書の書き方

こんな人が向いている

粘り強い人には向いている

人と接することが好き

まず、福祉施設介護員の仕事は常に利用者と接することになるため、日ごろから人と接することが好きな人は向いていると言えるでしょう。ですが、いくら人と接するのが好きだからといっても仕事をしていく中でストレスを感じることは当然ながらあります。利用者から理不尽に怒られたり、利用者のご家族からくるクレームへの対応などは辛く感じることでしょう。人と接する仕事だからこそこのような場面も多くあります。人と接することが好きで、そのうえストレスが溜まっても上手に発散する方法を知っている人は非常に向いているでしょう。もしくは、冷静に自分の感情をコントロールできる人も向いています。

思いやりと忍耐力がある

福祉施設介護員は利用者の声に耳を傾けながら介護を提供していく必要があります。利用者がどのようなことに悩んでいるのか、何を望んでいるのか、どこが不満なのかといったことを敏感に感じ取れるよう、相手の立場になって物事を考える力が必要です。いわゆる「思いやり」というものです。これは、資格の有無にかかわらず誰でもできることです。だからと言って軽い気持ちで仕事をすれば、当然厳しい現実を目の当たりにすることでしょう。
思いやりも必要ですが、その気持ちを持ち続ける「忍耐力」も同時に必要なのです。利用者とのコミュニケーションは困難に感じる場面も多いですが、そのなかで粘り強く相手を思う気持ちを持ち続けることができれば、仕事にもやりがいが出てくるでしょう。

体力がある

また、身体介助など直接利用者の身体に触れて行う仕事が多いため、体力も必要になります。それも一人だけではなく、一日に何人もの利用者に対してサポートを行うためそれなりの体力が必要になってくるでしょう。働く人の中には腰痛に悩まされ、それが原因で退職してしまう人もいます。そのため、体力がある人は向いていると言えますし、いざ働くことになった際は日ごろからの体力づくりや身体のケアが必要になってくるでしょう。

冷静な判断力

利用者の状態は様々ですが、身体が不自由である場合がほとんどで、慣れない施設の暮らしということもあり非常に不安な気持ちを抱えています。そのような状態のため、福祉施設介護員は温もりをもって接する必要があります。しかし、優しさだけでは介護の仕事は務まりません。時には冷静に判断をして、指導をする必要もあります。また、トラブルがないように客観的に記録に残す必要もあります。
普段から自分を取り巻く社会に目を向けて、もし利用者が今自分のいる場所にいた場合、不便に感じる点がないかなどを考えて過ごせれば、仕事にもそれを活かすことができるでしょう。

おすすめ記事

お給料アップを狙う際、求人の探し方としておすすめなのが転職エージェントの利用です。様々な点で転職者をサポートしてくれるため、効果的な転職活動が可能になるでしょう。ここではその具体的な内容と当サイトおすすめの転職エージェントを紹介しています。