福祉施設介護員を目指そう!

福祉施設介護員として優良な施設で働くためには

特集カテゴリ一覧

人気記事

採用されやすい履歴書の書き方 採用されやすい履歴書の書き方

優良な施設を選ぶポイント

どんな施設で働くべき?

優良な施設か見極めよう

転職の際はつい給料だけに目がいってしまいがちですが、施設の雰囲気や運営体制がしっかり整っているかなども重要です。優良な施設に転職することができれば、充実した環境でモチベーションを保ちながら働き続けることができます。そのような優良な施設にはどのような特徴があるのか、どのようなポイントに注目して選べば良いのかといった点を紹介します。

こだわりと計画性

まずは施設を運営するにあたってこだわりがあるのか、どのようなポイントにこだわっているのかという点に注目しましょう。例えばスローガンとして「地域ナンバーワンの介護サービスを提供する」といった内容を掲げている、などです。そのようなこだわりが明確に提示されていた場合、それに加えてそのこだわりを実現させるための取り組みをちゃんと行っているか、どのような取り組みを行っているのか、といった点を確認しましょう。きちんとこだわりの見える施設は組織としての強度があります。
また、こだわりを実現するための取り組みの内容とともに、それに伴う計画性をしっかり持っているのかという部分も大切です。目標だけ高く掲げても、いつまでもそれが実現されないのであれば意味がありません。しっかりと5年後10年後、さらにその先の計画を立てているのかといった点も重要です。

改善努力をしているか

施設を運営していく中で、上手くいくこともあればそうはいかないことも当然あります。その度に問題を放っておかずに改善に努めることができているかどうかが大切です。現状で何かネガティブな要素を抱えていたとしても、逃げずに都度対応していく姿勢のある施設は確実に成長していきます。常に何か問題はないか、改善できる点はないかと考えながら改革の志を持っている施設であれば、そこで働くスタッフの話にもしっかり耳を傾ける体制が整っており、労働環境も良いでしょう。

理念や方針は貫かれているか

どのような施設にも理念や方針が定められていますが、需要なのはそれがしっかり守られているかどうかという点です。よくある例で言えば、「挨拶をしっかり」という方針が施設内にあるにもかかわらず、実際にはスタッフ同士の挨拶が全然されていない、というケースがあります。そのような施設は運営体制に関しても一貫性がなく、いずれ悪い状況に陥る可能性が高いと言えるでしょう。
また、人材育成を行っているかどうかも重要です。特に未経験から始めるのであれば必ず確認しておきたいポイントです。人材育成に力を入れている施設は離職率も低く、質の高い介護を提供しています。その結果として施設そのものの評価も高くなり、安定した運営、そして職員への高い給与と、良い方向に影響していきます。

おすすめ記事

お給料アップを狙う際、求人の探し方としておすすめなのが転職エージェントの利用です。様々な点で転職者をサポートしてくれるため、効果的な転職活動が可能になるでしょう。ここではその具体的な内容と当サイトおすすめの転職エージェントを紹介しています。