特集カテゴリ一覧

人気記事

採用されやすい履歴書の書き方 採用されやすい履歴書の書き方

面接時の注意が必要なポイント

事前の準備が大切

間違った服装をしないように

まず面接の注意点として挙げられるのは服装です。基本的にはスーツで臨むのがベターです。施設によっては私服で良いというケースもありますが、とはいえ派手な格好は当然NGなので、その際は襟付きのシャツやジャケットが良いでしょう。また、アクセサリー類はつけないようにしましょう。全体的に清潔感が出るようにしてください。

質問内容を把握しておく

そして実際の面接で聞かれる内容についてですが、必ず聞かれる項目として挙げられるのが志望動機と自己PRです。転職者の場合は退職理由も聞かれるでしょう。福祉施設介護員が未経験の場合は「介護そのもの」について聞かれるかもしれません。介護で大切なものはなにか、どのような仕事だと思うか、といった点です。これに関しては各々で考えが異なりますので正解はありません。ですが、しっかり自身の考えとして答えられるように準備しておきましょう。その他にも労働条件に関して希望を聞かれることもあります。労働時間や夜勤は可能かといった質問が予想されるので、希望がある場合はその点も答えられるように準備しておきましょう。
また、採用側から「何か質問はありますか?」と聞かれることもあります。この質問に対して「特にありません」と答えてしまうと、意欲がないように捉えられてしまうかもしれませんので注意してください。自身がこの施設で働くことになったら、といった観点で、事前に調べておいたことや面接のやり取りの中で判らなかったことを質問しましょう。具体例を挙げると、研修は用意されているのか、資格取得に関するサポートはあるのか、などといった点です。疑問に思う点や不安に感じる点は面接の時に聞いておかなければ、後々面倒なことになる場合もあるので、必ず聞くようにしましょう。

退職理由の答え方

前職の退職理由を答える際の注意点ですが、もし人間関係などのネガティブな理由であった場合、それをそのまま伝えるようにはしないでください。「職場の人間関係が悪かったから」「上司と揉めた」などの理由をそのまま伝えると、本来は前の職場に問題があったとしても、採用側からすれば当人に問題があるように思う可能性もあるためです。そのため、「この仕事で○○を実現したいから」「○○を学びたいと持ったから」などの前向きな理由を答えるようにしましょう。

可能であれば見学も

そして可能であれば、面接時に施設内を見学させてもらいましょう。実際にどのような雰囲気でスタッフが働いているのかを自身の目で見ることは非常に重要です。事前に提示された条件に魅力を感じて応募しても、実際の雰囲気を見て考えが変わるかもしれません。

おすすめ記事

お給料アップを狙う際、求人の探し方としておすすめなのが転職エージェントの利用です。様々な点で転職者をサポートしてくれるため、効果的な転職活動が可能になるでしょう。ここではその具体的な内容と当サイトおすすめの転職エージェントを紹介しています。