福祉施設介護員を目指そう!

福祉施設介護員として採用されるための履歴書作り

特集カテゴリ一覧

人気記事

採用されやすい履歴書の書き方 採用されやすい履歴書の書き方

採用されやすい履歴書の書き方

志望動機がカギ!

効果的な履歴書を作る

福祉施設介護員に限らず、転職する際に必要になるのが履歴書です。書類選考の際、あるいは面接の際に必須となる書類です。その中でも重要となるのが志望動機です。介護業界では特に志望動機が重視されます。というのも介護業界は離職率が高いということもあり、採用側にとっては辞めてしまうとその度に人材を集める必要があるため、できるだけ長く働いてもらいたいという事情があるからです。効果的にアピールして転職を成功に導くためにも、履歴書や志望動機の書き方をしっかり押さえておきましょう。

職歴は抜けのないように書く

まず、職歴の書き方についてですが、今まで経験した仕事は基本的に全て書くようにしましょう。もしかすると人間関係の問題などで短期間しか働いていない場合もあるかもしれません。しかし、それを知られるのが怖いからといって記載しなかった場合、その部分が空白期間になってしまいます。もし採用後にそれが判明すれば嘘をついていたことになるので、信用を失うことになるでしょう。なのでここは正直に記載してください。
そして、これから介護業界に挑戦するという人は、以前していた仕事が介護に関係のない職種であってもちゃんと記載することです。福祉施設介護員は未経験でも始められるため、前職が異なった業界であっても問題ありません。むしろ前職の経験が活きるかもしれないと採用側が思うケースもあります。なので、しっかり漏れなく記載することが大切です。

志望動機は具体的に

そして重要となる志望動機についてですが、まず意識しておくべきポイントは、「応募先の施設のどこに魅力を感じたのか」です。先ほど述べたように採用側にとって重要なのは、長く働いてくれるかどうかです。「介護の仕事に興味があった」というありきたりな理由では採用側も本当にこの仕事をしたいのかどうかという部分が見えません。そのため、応募先の施設に対して感じた魅力的なポイントを具体的に記載し、採用側に訴える必要があるのです。具体例を挙げると「福祉施設介護員として認知症の方に対するケアに重要性を感じています。その中で、○○(施設名)さまが行っている○○という認知症ケアの取り組みに魅力を感じ~」といった感じです。その施設が行っている介護サービスの内容を事前に調べ、自身の志望動機と結びつけましょう。そこがしっかりしていると、採用側としても施設のことをよく調べたうえで臨んでいるのだと良い印象を受けます。
また、その施設の理念や方針に関する部分にも触れ、共感しているといった内容を加えるとより良い内容の志望動機となります。

おすすめ記事

お給料アップを狙う際、求人の探し方としておすすめなのが転職エージェントの利用です。様々な点で転職者をサポートしてくれるため、効果的な転職活動が可能になるでしょう。ここではその具体的な内容と当サイトおすすめの転職エージェントを紹介しています。