福祉施設介護員を目指そう!

福祉施設介護員に向いていないのはこんな人

特集カテゴリ一覧

人気記事

採用されやすい履歴書の書き方 採用されやすい履歴書の書き方

こんな人は向いていない

思いやりがない人はNG

相手のことを考えない

福祉施設介護員に向いているのが思いやりのある人なら、逆に相手の気持ちを考えられない人は向いていないと言えます。利用者の声に耳を傾け、相手のペースを大事にしながら介護を提供していく仕事ですので、それを考えられずに自分だけのペースで物事を進めてしまうような人は向いていません。また、そのような人は普段から相手の様子に敏感に反応して気配りをするということができません。細かい点にも注目し、できるだけ利用者が充実した生活を送れるようにしたいという気持ちを持たず、自分の事情ばかりを考えて動くような人は向いていません。
そして、他人に対して興味がないという人も向いていません。利用者と近い距離で接しながら日々仕事をしていきますので、そもそも他人に興味がないということであれば難しいでしょう。そのような人からすれば、毎日利用者の話を聞くのも辛いでしょうし、もし無理をしながらでもこの仕事をしたら、最悪の場合うつ病などを発症する可能性もあります。

責任感がない

責任感がない人も向いていません。福祉施設介護員はチームで仕事をしていきます。一緒に働くスタッフのことも考えながら動き、自身の仕事に対してもしっかりと責任をもって務めなければなりません。チームの中に責任感のない人が一人でもいれば和が乱れ、全体の仕事に悪い影響を及ぼします。そうすれば、働いているスタッフだけではなく利用者にも影響が出てしまいます。そのため、責任感がない人は福祉施設介護員には向いていないと言えるでしょう。

気が短い

気が短い人も福祉施設介護員には向いていません。施設の利用者は介護が必要な状態のため、日常生活を送ることが困難です。そのため動作が遅かったり、中にはサポートを嫌がる人もいます。利用者もいろんな事情を抱えて入所しているため、精神的に落ち着いていない人もいます。一所懸命にサポートをしても文句を言う人は出てくるでしょう。そのような利用者に対してすぐにイライラしてしまうようではいけません。介護の仕事は忍耐強さが必要です。そのため、普段から気が短い人は向いていないでしょう。

常に刺激が欲しい

また、常に新鮮な刺激を求めて働きたいという人にとっては福祉施設介護員の仕事は辛く感じるかもしれません。基本的に毎日同じ施設の中で働くことになります。利用者は入れ替わりますが、頻繁に変わっていくわけではありません。そのため、新しい出会いや発見を常に求めるような人にとっては退屈に感じる面があるかもしれません。

おすすめ記事

お給料アップを狙う際、求人の探し方としておすすめなのが転職エージェントの利用です。様々な点で転職者をサポートしてくれるため、効果的な転職活動が可能になるでしょう。ここではその具体的な内容と当サイトおすすめの転職エージェントを紹介しています。