特集カテゴリ一覧

人気記事

採用されやすい履歴書の書き方 採用されやすい履歴書の書き方

努力次第で報われる仕事

未経験でも問題なし!

需要増で将来性のある業界

まず、日本は今高齢化が急速に進んでいるということもあり、介護業界に対する需要は増えていく一方です。その中で福祉施設介護員の人材不足が課題となっており、売り手市場となっているのは確かです。しかし、介護の仕事をしたことがない人にとっては仕事内容がきつく給料が低いというイメージもあり、なかなか人材の確保は進んでいません。
介護業界の仕事で給料アップを狙うのであれば、資格取得などのスキルアップが大前提となります。資格を取得することで自身のスキルを証明し、確実に給与を得ていく必要があります。資格自体にはそれほど厳しい年齢制限は設けられていないので、前職が別業界であっても問題ありませんし、需要が多いということもあり未経験からでも入職しやすい環境は整っています。年齢がネックで転職を悩んでいるという人にとっては良い条件が揃っていると言えるでしょう。
介護の資格で最初に取ることになる介護初任者研修は130時間の研修の受講と、その後の筆記試験に合格することで取得可能です。初めにこの資格を取った後は、上位資格である実務者研修を目指すことになります。そしてその後の目標となるのが、国家資格である介護福祉士です。実務者研修以上の資格を取得する際に重要になるのは実務の経験です。つまり働きながら次に目指す資格の準備ができる環境が整っているのです。このようにキャリアの道筋が明確化されていれば、普段の仕事もモチベーションを持って取り組むことができます。介護福祉士を無事取得できれば給料に良い影響が出るほか、その後のキャリアについても大きくプラスになることは間違いないでしょう。

自身の取り組みが反映される

上記で述べたように、介護業界は人材を受け入れる窓口が広い状態です。実際に働いている人たちの事情も様々で、新卒で働いている人もいれば、前はフリーターだった人や会社員だった人なども多くいます。福祉施設介護員として活かせる前職経験があれば当然転職には有利に働きますし、そういったものがなくても問題ありません。介護の仕事は人柄などの人物像が選考理由になることが多いからです。そして働き始めてからの姿勢や能力、資格などのスキルで評価されるため、学歴も関係ありません。
スキルアップをして評価を上げていくことで、役職を得ることができます。現場をまとめる介護主任や、施設全体を取りまとめる施設長、さらには経営にかかわるエリアマネージャーなど、自身の努力次第で出世の道は拓けてきます。

おすすめ記事

お給料アップを狙う際、求人の探し方としておすすめなのが転職エージェントの利用です。様々な点で転職者をサポートしてくれるため、効果的な転職活動が可能になるでしょう。ここではその具体的な内容と当サイトおすすめの転職エージェントを紹介しています。