特集カテゴリ一覧

人気記事

採用されやすい履歴書の書き方 採用されやすい履歴書の書き方

魅力ややりがいがたくさん

直接触れ合う仕事だからこそ

信頼できる仲間との出会い

福祉施設介護員として働いていく中で、当然ながら辛いことや苦しいことは出てきます。しかし、それを覆すほどの魅力ややりがいが詰まった仕事でもあります。まずこの仕事の魅力として挙げられるのが、一緒に働く仲間とのつながりです。福祉施設介護員として働く人の性別や年齢はバラバラですが、その中でも自分と似た境遇や思いを持って働いている人がいます。もし何かに悩んで不安に感じていることでも、仲間に相談することで解決する、あるいは同じ悩みを持っていた、ということはよくあります。一緒に励ましあいながら、特別な関係を築き上げていけるような出会いがあるというのは素敵なことです。

親の介護にも役立つ

また、仕事で接する利用者だけではなく、自身の親もいずれは介護が必要な状況になります。介護施設に預けるという方法もありますが、金銭的な理由、あるいは心情的な理由でできるだけ自分で面倒を見たいという方も多いでしょう。その際に、福祉施設介護員として働いていれば、仕事で得た知識が役に立ちます。仕事の中で必要となる食事や排せつ、入浴などの介助技術をそのまま親の介護に使うことができます。

触れ合いの中で生まれる思いやり

福祉施設介護員として働いていれば、当然多くの利用者と関わることになります。利用者の方はそれぞれに個性があります。こちらへの思いやりがあり優しく対応してくれる高齢者もいれば、手間がかかると感じる高齢者もいるでしょう。面倒くさいと初めは思うかもしれませんが、長い時間をかけて接することによってそれぞれが抱える事情による不安や悩みというのがみえてくるかもしれません。または日々の介護への感謝によってだんだん心を開いてくれるかもしれません。いつの間にか、とても仲良くなっていたというのも珍しいことではありません。
そして、人生経験が豊富な高齢者からのアドバイスによって、自身の悩みが解消されるといったこともあります。人と人が直接触れ合う現場だからこそ、このような交流が生まれるのです。これも魅力の一つと言えるでしょう。

命の尊さを知る

そして、この仕事をしていると、利用者の死を間近で体験することもあります。家族以外でそのような場に立ち会うことは、医療福祉関係以外の仕事だとなかなかありません。それも、この間まで楽しく会話していた利用者が亡くなったということであれば、大きなショックを受けるかもしれません。しかし、このような経験があるからこそ、ほかの利用者に対する思いやりや、今よりもっと快適に施設で過ごしてもらおうという気持ちが芽生えるはずです。そして、自分の親に対しての向き合い方を考えるきっかけにもなります。

おすすめ記事

お給料アップを狙う際、求人の探し方としておすすめなのが転職エージェントの利用です。様々な点で転職者をサポートしてくれるため、効果的な転職活動が可能になるでしょう。ここではその具体的な内容と当サイトおすすめの転職エージェントを紹介しています。